乳房の病気の診断方法 | 乳腺外科 みちした乳腺クリニック | マンモグラフィ・超音波検査|八尾市 JR久宝寺駅すぐ

072-975-6003

乳房の病気の診断方法

乳房の病気の診断方法について

視触診や超音波、マンモグラフィで異常が見つかった場合には、診断をつけるためにさらなる検査が必要となります。当院では穿刺吸引細胞診と針生検を行っており、原則当日検査が可能です(検査結果については約1週間後に説明いたします)。

穿刺吸引細胞診

採血と同じ太さの針を刺して腫瘍から細胞をとってきます。その細胞を顕微鏡で観察し、良性か悪性かの判断を行います。あまり太い針ではないので、局所麻酔はせずに検査をします。

針生検

穿刺吸引細胞診の針より太い針を使い、腫瘍から組織(細胞のかたまり)をとってきます。その組織を顕微鏡で観察し、良性か悪性かの判断を行います。太い針を使うので局所麻酔を使用いたします。診断精度としては穿刺吸引細胞診より高くなります。

針生検(コア針生検)を受ける患者様へ(PDF)

皮膚生検

乳頭・乳輪部のびらんには湿疹などの皮膚疾患の場合もありますが、乳がんで乳頭のただれが出現することもあります。当院ではびらんの一部を摘出して顕微鏡の検査に提出することを行っております。

ステレオガイド下マンモトーム生検

マンモグラフィ撮影をした場合に乳房石灰化(カルシウムの沈着)を認めることがあります。乳房石灰化には良性の石灰化がほとんどですが、中には悪性に伴う石灰化もあります。悪性(乳がん)の可能性がある石灰化で超音波でも病変が見えない場合には、マンモグラフィ撮影をしながら組織を取る、ステレオガイド下マンモトーム生検が必要です。当院ではこの検査を行っておりませんので、提携している八尾市立病院など検査が出来る病院へ紹介させていただきます。

072-975-6003

ページ
TOPへ